日曜日

Pは曜日の作文

私はついに、私はようやく台の前に座って、景色を見ながら考えていますと思っています.

私は何を考えてるんでしょうか?明日は何か食べ、だめ、明日の朝食、中華料理、夕食に何を注文して、何を考えているのか.え、私より当てて第1ユニットのテストが試験してどのくらい分けしましょう、私はまず当てて、私の自己能力評価によって、私しか97分、ああ、ああ、本当に退屈で、私は一体何を考えてる?この時、電話が鳴る、私も、希望をつなぐから電話の但願は私を探して卓球をしている、わたしの思ったとおり、私はそれを離れて、停めたされて、私のお母さんは私から離れて、私の詩を作るしかない.

私は1首の詩を作って、内容はこのような:

一日に、退屈な一日、

P一日に、あわてるが悶一日、

一日に、人はつらい一日、

では一日に、受け入れざるを得ない一日でした.

が突然、私は来ましたアイデアを、今やっと思い出して私は何ができるか、私は大急ぎで日記を開けて、上に落書き、書いた名前うそ、そして下で作った詩は、この:

P、つまらない、

pは日曜日、むっとは大変です.

pは曜日、本当にたまりません、

私はノートに下手な字,