男性性機能障害の原因と治療法

ペニスの勃起が正常にされずに満足なセックスをするのが困難な状態をEDと呼びます。その原因は様々あり、原因によって改善するための方法も異なってきます。EDの原因は、大きく分けて3つのタイプに分けています。ストレスなど心理的な要因の心因性ED、血流や神経に起こる問題が原因の器質性ED、それ以外が原因の3タイプです。

心因性ED

心因性EDは主に日常のストレスが原因であったり、経験不足による緊張、過去のトラウマや体のコンプレックスなども原因となります。

器質性ED

器質性EDは加齢、生活習慣病、神経系の障害などによって、血流や神経に物理的な問題が起こることが原因です。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。

他の原因

その他の原因としては、手術や事故によるものがあります。前立腺がんや膀胱がんの手術をした際ことが原因で、EDになってしまう場合もあります。また、交通事故によって骨盤骨折や脊髄を損傷してしまうこともEDの原因にもなります。

お酒を飲むと勃起しずらくなる方は多くいます。お酒のたくさん飲むことで、アルコールに含まれるエタノールの量が増えることになります。その結果、血中のエタノール濃度が高まります。適度にエタノール濃度が高まる分には、性欲は向上し勃起もしやすくなります。しかし、このエタノール濃度が一定以上になると、脳から興奮をペニスに伝え血流を良くする中枢神経が抑制されてしまいます。その結果、うまく興奮が伝達がされてなくなってしまうため、ペニスが勃たなかったり、中折れしてしまうのです。

男性性機能障害の治療法

ED治療には手術、器具の活用、心理療法、ホルモン療法、薬など様々な治療法が存在しております。近年ではED治療薬を用いて治療される方が多く、人気の理由としては価格帯が安いことや、症状にあわせて自分で選べること、時間がない時に購入しやすいクリニックが増えた為となります。