パキシルで性機能不全の原因

パキシルによる性機能障害とは?

性機能障害といっても、いろいろな状態があります。性に関係する反応を細かくみると5段階にあり、1.性欲・欲望2.性的興奮3.持続4.絶頂5.解消です。

抗うつ剤の副作用として問題になるの1.2.4が多いです。本人としては性欲があるわけではないので、あまり苦痛ではありません。性欲をもとにした感情の高まりと、身体の反応がおこりません。男性でいえば「勃たない」状態になります。性機能障害で悩まれている人は、まず、自分がどこの問題なのかを考えてください。

パキシルで性機能障害の原因

性機能障害の副作用が多い抗うつ剤で、セロトニン再取り込み阻害作用が強いという共通点があります。セロトニン2A受容体作用が関係していると考えられています。受容体への働きをブロックするようなお薬では、性機能障害が少ないです。でも、まったく無くなるわけではないので、セロトニン2Aの影響だけではない、パキシルはセロトニンを増やすお薬なので、セロトニン2A受容体を刺激してしまい性機能障害は起こりやすいです。

セロトニン以外にも、性機能障害に影響する物質としては、アドレナリンやドパミンがあります。勃起する時には、陰茎に血液が集中する必要があります。そのためには、血管の調整を担うアドレナリンα1受容体の働きが大きく関係があります。抗α1作用があると、勃起障害につながります。また、射精障害への影響が強いといわれています。

性機能障害の対策

減薬する

パキシルの量を減らすことで、副作用が軽減する可能性はあります。減量したらよくなるという明確な根拠はありません。少し減らすくらいでは、性欲低下は大きく変わらないことが多い印象です。勃起障害や射精障害の方に関しては、改善することがあります。

飲み方を工夫する

できるだけ薬の影響を少なくする、という意味では、「性交後に服用する」「朝食後に服用する」など、飲み方を工夫することは一つの方法です。