女性はオナニー性機能が多すぎると感染しやすい

女性オナニーは我が国の報道が少ないが、近年一部の女子が西洋資産階級性革命、性の自由などのエロ文化の影響を受け、オナニー明らかに増える現象.人々からおくるみに幼児からいかなる年齢が何気なくまたは意図的にいくつか現れて手で弄る陰門のアクション、この現象とオナニーは、これらのアクション以降、男性が女性を得て射精,性の満足と見なされて、やっとオナニー.

女性オナニー多発思春期から生まれ、この時期に女子性器官と第二次性徴発育と同時に、心理的にも起きている著しい変化.子供の子供っぽさが消えて、異性に好意を持って、からある性の要求に従って、性器の成熟し、ある性、それによって人を招いた部分がオナニー現象.

アメリカの心理学者によるといくつかの調査では、アメリカじゅうはち歳男性靑年は、基本的に異なる程度のオナニー史は、若い女性がこのような行為のも60%ぐらい、中国靑少年のオナニーの割合も少なくないが、若い女性にもこの現象,ペニス増大.医学の観点、オナニー自体はどんな危害、少女の自慰行為でたまたま体に影響がないですか.だが、過度のオナニーでオナニーを嗜好は生理的にも心理もいくつかの不良な影響が生じる.

少女オナニー危害は主に、心理的:初期オナニー後、生理性の快感を伴って、兎角が驚き、恐れ、戸惑いの気持ち.好奇心彼女たちに探しに関する本が確認されれば、その行為のよくない時、彼女たちはすぐに生まれ、後悔しない、心配して、心配などの心理,オナニーの犯罪発生自責感と恐怖感、心理になった彼女たちの精神的な負担が重い.

pはその後、快感を追求する動機とこれから生じる自責の矛盾について.また強く持続的な心理的な衝動は必然的に頭がぼうっとして,性機能、不眠、食欲不振、集中力の低下、記憶ののろし減退などの現象は、これらの一般的な症状が生じる可能性があるほか、うつ病、強迫症、精神異常、深刻な時の心身の健康を害する.女性の解剖生理の特徴によって、そのオナニーによる被害も軽視できない.

少女オナニーで時、手や異物の不潔、容易に病原体は、体内で感染を起こし結果植え.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です