五臓を5味で滋性機能養する

酸、甘い、苦しみ、辛さ、塩辛い、この五種の味は、人々の味覚需要を満足さ、健康にかかわる.漢方医の講五味が滋養五臓:酸味の補肝、塩味腎臓を補って、甘味脾臓、苦味の补心、辛味補肺.人体のこの5種類の味の需要も変化し、例えば正午、真夏や靑壮年時代に、人々は愛さ酸涼しい食品、真冬の夜は涼しく滋陰;及び暮年段階で、また食べる甘い食べ物は内臓を強くする助陽.だから5味の養生は味によって食べて、更に食べて、更に体質、季節によって、最も適当な自分の味に適します.春:酸味のフルーツが肝臓の漢方医は酸性肝、春はかんしゃくが生える季節、酸味の季節のフルーツを食べることができて、食欲を促進し、内臓を強くする食欲の効果で、肝機能を.よくある酸味果物はカリン、酸そう、梅、レモン,パイナップルなども,
ペニス増大,適切にいくつか食べて.癇癪旺、普段は怒りやすいのぼせて、顔から天然痘、口角泡の人、さらには毎日食べる時酸、体質が虚弱で、愛寝汗をかく人、四季すべて食べていい酸味の食べ物を入れたり、料理にお酢のため、酸が収れんの役割を緩和することができて、発汗の症状.注意したいのは、消化不良で、大便糞便希、声が低いなどの脾臓のびくびくする症状の人は、古い酸っぱい強め脾臓のびくびくする;、胃潰瘍、胃酸過多の人をも食べるべきでなくて、さもなくば病状を強めかもしれない.親密ヒント:靑梅色靑味の酸、おいしい梅酒をつくるだけでなく、さらに养肝作用で、酒は肝の緩和を、ドリンカーもので.ありふれた靑い食品例えば野菜、豆など、养肝効果、だから、毎日少なくとも食べる野菜.夏:食べて苦が最も精神修養する苦い入る心、苦味の食品夏に食べるだけでなく、純粋な心の火は精神修養する.現代科学研究証明、苦味の食品が多いアルカロイド、アミノ酸、ビタミンやミネラルなど苦味素、人体に必要な物質で、抗菌の炎症を取り去って、解熱暑気払い、元気を回復させるなどの機能を煩わして、健やかな胃を除いて.夏に入って、味覚減退、消化不良、食欲不振など消化機能障害時,性機能、苦味の食品を食べて、胃の消化能力を刺激し、食欲増進、徐々に正常に回復します.また、コーヒー、茶葉、ビールなどの苦味食品としては、目を覚ますこと、快適に気楽に感じることができます.苦味の食品の中では野菜と野菜が多いなど、レタスの葉、レタス、レタス、セロリ、フェンネル、香菜、ニガウリ、大根葉など、果物とドライ?フルーツの中で、杏、クログワイ、柚子、杏仁、ブドウガキ、ミントの葉など、また食薬兼用の五味子、蓮子の芯など、五味子適用于冬春、蓮子の芯は夏に適して食べる.親密ヒント:夏と呼ばれる三大瓜のヘチマ、ひょうたんとユウガオ、も典型的な苦味の野菜.この三種類のウリ性味の苦しみの甘、清涼肌寒い瓜、肉が柔らかく、スープや肉を炒めてもよく、熱を下げて痰を持って、利腸と胃の効果.長い夏:甘いの主食は内臓を強くする漢方医は甘甘い食品を食べに脾、血気、調和の好みは栄養を補給する.長い夏、毎年の太陽暦の7―8月、甘味の甘い食べ物を食べることに適します.しかし注意する必要は、漢方医は言ったのは.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です