どんなに食べても夏に良い食欲性機能があります

海外食情は暑く、多くの人は食欲がなく、食べられない、それは外界の気温が高いために.気温は10℃高く、体は70のカードの必要量を減らして、夏の体は熱量低下、人は空腹を感じません.人々はエアコンの部屋で水分が蒸発しないため、水分摂取が少なく、胃腸組織が軽微脱水、食欲にも影響が.夏やすい喉が渇いて、一部の人の習慣は突然入れて砂糖飲料、どうしてもあめは天然の食欲抑制剤、糖分ができます血液に吸収され、人に一気に感じていただきましたので、すぐご飯が食べられない、久之は悪循環を形成し、だから、飲食の上で注意すべきは以下のいくつの方面.悪い習慣を正す.暑いので、食後に飲み物や氷を飲みます.ただ、1本のアイスクリームは280カロリーで、1缶氷コーヒーは115カード熱量.私たちがこういうとき、カロリーを飲むと感じません.しかし、次の面倒は大きい.体が100カロリーを消耗するため、階段27分または歩き1時間.あなたはこのようにすることがありますか?聡明な選択は白湯やミネラルウォーターを飲むということは、味がないと思いますが、さっぱりとした味があると思います.果物を多く食べる.夏は果物の産し期、一般人は果物に対して警戒心がない、大食べることが大食べる.事実上、果物の中の糖も血液中の)グリセリル上昇.賢い選択は多く野菜を食べさせて、果物の分量が少なくします.生クリームを水に飲む.夏の天気は暑くて、生クリームは栄養があって、多くの人は新鮮な乳を飲むことができます.しかし研究には、高蛋白はカルシウムの吸収を阻害すると指摘している.聡明な選択は牛乳一日で2~3杯しか飲めない.デザートを飲み.多くの人が食べると,リョクトウ、リョクトウスープなどのスイーツを飲みます.しかし、これらの食べ物は、ご飯と同じ炭水化物、食べることが多すぎると太る.聡明な選択は、多くプラス、すなわち、デザートによって食べる量を減らして食べることが多い.デザートをご飯として食べて,糖が少なくすることができて、また1点、低脂肪牛乳、果物を切って,性機能、正餐と類似の栄養を達成します.食欲の食前に水分を補充する.食前1時間に1杯の水を飲み、除を解除することができる胃腸の脱水の現象も、胃腸蠕動や胃のあけて、食欲を促進する.ビタミンB 1を補充する.夏の水や冷たい飲み物を大量に飲むので、汗が多く、やすいビタミンB族を脱出して体外によって、食欲不振、ビタミンB族のビタミンB 1は、炭水化物を変換する食品の中のブドウ糖の仲人、ブドウ糖を提供する脳神経係と運営に必要なエネルギーが少なく、食事は平常どおり、体内のエネルギーが不足で、表現青菜に塩.ビタミンB 1が最も豊富な源はすべての穀物で、小麦胚芽、玄米、ダイズなど.豚肉は豚肉の含有量が最も豊富.ビタミンB 2を補充する.ビタミンB
2は、エネルギーに変換され、たんぱく質、炭水化物、脂肪放出エネルギーを助けることができます.活動量が大きい夏にビタミンB 2を必要とする.研究の研究によって人体は生計を立てる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です