夏季養生は季節に応じて旬の性機能栄養果物果物を食べます

養生がとても重要なポイントは季節の変化に、季節の野菜や果物を食べに沿って、できるだけ少なく反季節の野菜や果物、夏の汗が多い野菜を食べる果物を通じて飲んで水分補給に養生が非常によい.

Pなどがのどが渇いたから水を飲んで、のどが渇いて体がすでに水不足になっていることを表す.理想的なのは気温の高低によって,毎日1~2リットル.汗が多いときには塩水に塩,性機能、汗をかいて失う塩分を補う.また、夏季人体はカリウムが欠けやすく、倦怠感を感じ、カリウムを含んだ茶は素晴らしい.夏の旬野菜、レタス、キュウリ、トマトなどの含有量が高い;新鮮な果物、桃、あんず、スイカ、メロンなどの水分量は80~90 %にまで、水分を補充してもよい.また、乳製品は水分を補充し、体の栄養を満足させる必要があります.

にはカリウムが高い食品をくわえて:

海藻類:これらの食品一般カリウムのはわりに多くて、例えば:のりカリウム1640ミリグラム、昆布カリウムナトリウムは2 . 2倍.

野菜:ホウレンソウ、赤ヒユナ、カリフラワー、クログワイ、鮮エンドウ、ニンジン、ジャガイモ、キクラゲ、香菜、しいたけ、菜の花、カンラン、セロリ、ネギ、ニンニクの莖と葉、レタス,山芋、枝豆、ダイズと製品.

果物類:バナナ、トマト、竜眼、メロン、ナツメ、橙子、マンゴー、アンズ、アーモンド.

糧食:そば、サツマイモなど.

夏よりお茶でも大きな利益があって、茶葉の中カリウムが豊富で、約茶比重の1.1%-2.3%、多くお茶を飲み、両方の暑気を払って、また補カリウム、東家に食し西家に宿す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です