俗縁夢に移し、性機能冗談

のようなのは1種の期待は、人混みの熙攘の紅塵や浮き草漂泊の世の中から文字.お知らせする心から、輪廻の振り返って見て、拈花一笑の出会いも昔のままの縁.

p> <夢の中で一曲、すっぱぬく浮世ぼんやりし.肆散の感情を拾い集めすみません、老いた石畳の道、いつも裏切られた歳月の旧迹.山水は離れ、遠い前世の離合とする.

三尺玉をちりばめた琴弾を送り、東風吹きない宴会、眉間雪、ますますいいぼんやりし.どうしても私を総憶、月は怜多眠らない夜、复又復、意悵然.

一尘だったが,憎んで、君の心は、過去の思いが低いなどの塵.琵琶の音、咎め、待つ人は変わらない、という人はいつでも遠い.

破墨が、点目が覚めた若い痴故.昔の願い事が場を聞い画船小橋、揺れている子供のさざ波、水に従って行って、中に烟波.浮生飲み尽くして江南千樽雪、賞人間山河や明月、敬年齢、酔うまで帰らない.

pは、1が終わる、十に桃の桃の花は.隠れてしまったから、不遇を唱えない忘れて、長い長い絶.君は見えないで、私も借りがない、負けた生涯揺れました、この世として、空言だけが,私は自らの意誌で.孤林ほこり、琴音寞花葬私年月.

私の来世を望んで,性機能、襲っ荷香、素兮衣は澄み切っていて顔、植田菩提心、誠听佛曰、天地と修行.知らないことに会って、動かない念、書かない縁、山道旧隅、清寂年、長いと绵远.

文/沈竹兮#古風# #古典清韵# QQ:1099312667

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です