性機能夜舞晨操

夜8時、広場の歌舞の声が耳元でこだまして、
晨晨七時、広場のエアロビクスの目の前でスキャンし、
聞いて、羨ましい
見て、憧れ.

私は一人で、すべて、すべて、

探す、方向を見失う.

無力な、夜だけで穏やかで高まって聞いての歌舞の音、

逢源朝日を見て,性機能、きっとかつ活発で瀋黙のエアロビクス.

いつもこの時、夜舞晨操

起こして私、私はやっと自分の思想を取り戻す.

私は、夜のツインダンスは私に1種の鼓動、

しかし、私はオフィスに逃げ込むて,

夢を見たくない夢は夢を見たくない
.「朝の動にも静的なボディービルは私にひとつの体をくれて、

自分は、目覚まし時計をかけて、自分の忙しい、

自分のすることをしています.

私も踊りたいです,私も動きたい、

しかし私は霊魂がないと思いました.

でも夜舞晨操

やっと寝てやっと目が覚め自分.あれらの夢、あれらの夢、あれらの忙しく、あれらのして、

体は夜遊びしている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です