夏寝て茣蓙の性機能注意事項

p〉〈時は畳<>
p>を採用し、蒲草<いぐさ、コヨナメ草などで編んだ、材質は柔軟で、皮膚の親和性が強く、涼度が低く、多受お年寄りや虚弱体質の人に愛されて.専門家によると、乳幼児が一番寝畳、彼らの神経係の未成熟し、体温調節機能が弱い、冷熱の適応が悪く、竹や牛皮席で子どもを風邪がちではなく、選択.寝る時、小さい布団、また薄いズボンを着ておいたら.

が畳の大きな欠点は容易で長いダニ.新しい蓙は前に、日光の下で照りつける、繰り返し何度か繰り返し、ぬるま湯でほこりを拭いて、それから涼しい所で干し.第二年再使用古畳の時、用の消毒水拭きながら、または石鹸で水洗いに霉点;毎日使った畳のように汗やホコリ、寝る前に応用ぬるま湯で拭く.

p〉〈時は>竹簀<

選出節長い平、性機能、繊維細い、柔らかく強靭な頭の靑席.頭头道篾靑つまり、一番涼しい撓う.しかし、網代涼性大、老人、子供や体の弱い人ですべきではない.このため、この茣蓙はもっと中靑年人に向いて.

p>と<
;竹簀なら不平やより大きいベッド、折れやすいので、パッド竹簀時枚の板のように保つ平らで、破損.また、竹を造るべきでなくて、さもなくばもろく.毎日寝る前に最も良いぬるめのお湯で拭いて、さをより涼しい竹簀.

p〉〈時は> <亜麻席

亜麻は天然の束繊維、天然の紡錘状構造と独特の果膠斜辺穴、皮膚への接触を生むとおじけづく細い孔の現象、それは熱を広げ、を吸収した汗と熱伝導て迅速には、低温に遇えば閉鎖、保存の熱量、優れた通気性を備えてから具、吸湿性と列湿性、常温では人体の実感温度が下がってよんしよ℃ぐらいで、“天然の植物のエアコンの”の名誉、涼度で、適当に老人と子供.また、亜麻茣蓙は衛生的にいい長所として、真菌と微生物の生育を抑制することができます.

しかし、今の市場では、多くの亜麻の品質はパスしない、使用後に蒸し暑い空気がない感じ、毛扎感があり、全身がかゆい.選ぶ時に以下の点に真偽を見分ける:外観の上から見て、本場の麻織物略クリームを白いで、織物の目がはっきりして、不良品色は少し黄色、しわがはっきりしない;手触りで見ると、肌が厚くてぴんとして、ある程度の硬さが、手に握って離さ後しわは少ない、不良品を触った少し柔らかく、ピンチ後にしわが多く、かつ回復しにくいから感触によると、本場の麻織物に貼って皮膚に刺激が小さいこと、不良品を接触後毛ゆい感.

p〉〈時は> <牛皮席

は高級品でござ、全体张水牛皮制作のために、その熱、防湿機能に優れ、涼度で、しかも使うにつれ、光>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です