勃起機能不全の原因

勃起機能不全は,性交のための十分な勃起を達成または持続できないことです。大部分の勃起機能不全は,血管、神経、ホルモンの障害に関連し,薬物使用や,ときには心理的障害も原因です。評価は典型的には基礎疾患のスクリーニングとテストステロン濃度の測定です。治療の選択肢は,経口的なホスホジエステラーゼ阻害薬またはアポモルヒネ,尿道内または陰茎海綿体内へのプロスタグランジン投与,陰圧式勃起補助具と外科的インプラントです。
原発性ED(すなわち,患者がこれまで勃起を達成または持続できたことがない)はまれで,ほぼ常に心理学的因子(罪の意識,親密性への恐れ,抑うつ,重度の不安)または臨床的に明らかな解剖的異常によるものです。ほとんどの場合,EDは続発性です(すなわち,以前は可能であった勃起の達成と持続ができない)。80%以上の続発性ED症例は器質的病因を有します。しかしながら,器質的疾患を有する多くの男性においては,EDがもたらす続発的な心理的障害が問題を悪化させます。心理学的因子は,いずれの場合においても考慮されなければなりません。
心理学的原因は,行為に対する不安,ストレス,または気分障害に関する場合があります。EDは,特定の場所,時間またはパートナーに関与して状況的に生じることがあります。EDの重大な器質的原因は血管性および神経性疾患です。しばしばアテローム性動脈硬化症と糖尿病から生じます。
最も多い血管性の原因は陰茎動脈のアテローム性動脈硬化症であり,しばしば糖尿病に続発します。アテローム性動脈硬化と加齢により,動脈血管の拡張や平滑筋弛緩は低下し,陰茎に入る血液の量が減少します。静脈拍出の不適切なインピーダンス(静脈漏出)はEDの起因となり、また、より一般には希望通りの勃起持続時間を維持できない場合があるので、静脈漏出により,勃起中血液を陰茎内に留めることが困難となるため,勃起は起こるが持続できません。特に鎌状赤血球疾患におけるような持続勃起症は陰茎の脈管構造を損傷し,EDをもたらす場合があります。
脳卒中,部分的な複雑性発作,多発性硬化症,末梢および自律神経障害,脊髄損傷は,神経性の原因です。糖尿病性神経障害と外科的損傷は,特に一般的な原因となります。
テストステロン欠乏に関連する何らかの内分泌障害(性腺機能低下症)は,性欲を減少してEDを起因する場合がある。しかしながら,勃起機能が血清 テストステロン 濃度を正常化しただけで改善されることはまれです。

バイアグラは一番最初に販売されたED治療薬なので、一番有名です。ED治療薬というと、まずバイアグラのようなイメージです。